スマホコミックFukuyamaLand

スマートフォンでコミックを沢山読んじゃおう!そんな気軽なサイトです。

クレーン作業はかなり楽しい作業の一つです。実際に人手では吊り上げるのが物凄く大変な場合に使用されます。とくに100~1000キロ以上ある資材に関しては大型クレーンを使用します。よく刑事ドラマなどで港の映像がでると思いますが、あそこに大きいコンテナをみたことがありますでしょうか?あの箱だけでも数トンはありますので、中にギッシリと荷物が詰め込んでいたら数十トンは余裕にあります。その際は大型クレーンとは別のガータークレーンというクレーンで吊り上げて作業を行います。そして爪で両側をガシと固定して吊り上げ、トラックの荷台に降ろすのです。そしてそのトラックは目的地まで輸送を行います。船で海を渡ってきた荷物がこうやって日本に上陸をして、陸へ輸送され人々の元へ運ばれていくのです。これだけでもクレーンは現代社会で重要な部分を担っていると思います。そういえば今日ニュースで気になった内容がありました。トラックなどを運転中に居眠りをした場合に警報を鳴らしてくれる装置がデンソーという会社が開発したそうです。これを使えば今後、事故による死亡や重症者を防げる可能性が出てきました。仕組みというのは常にカメラを設置して運転者の顔をチェックするなど人それぞれの表情があるので眠ているかどうかを判断は難しいと思いますが、判別箇所は足のペダルにするそうです。眠くなってくると自然と力が抜けてくるのでアクセルかブレーキのペダルを踏み込んでしまうのです。それを居眠り運転を察知して警報するようにしているのです。そして肝心の値段と発売日ですがまだ未定だそうです。今回はトラック用での開発ですが、今後は普通乗用車にも導入して基本装備の1つとして活躍してくれるといいなと個人的に思っています。さすがにクレーンに関しては集中力を常に維持するので眠気は陥ってこないと思います。むしろ陥る際は動作を止めている最中なので事故の危険性は少ないと思っていますがどう思いますでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>