スマホコミックFukuyamaLand

スマートフォンでコミックを沢山読んじゃおう!そんな気軽なサイトです。

珍しいサークルに入っていました 2015年2月23日

私が大学生1年生の時に入っていたサークルは、LGBTサークルでした。サークルに入る条件は、「セクシャルマイノリティであること」。ゲイの人もレズビアンの人も、性同一性障害の人もいました。(一番多かったのはゲイの人です。)インカレサークルで、メンバーの所属大学は東大、早稲田、MARCH、日東駒専など、幅広かったです。

「LGBTの学生の居場所を作る」ということ自体がサークルの目的だったので、具体的な活動について制約はありませんでした。誰かが「やりたい」と言えば、実現できる環境が整っていたのです。実際、運動会を開いたり、映画を作ったり、LGBTについて知ってもらう冊子を作って配ったり、色々なことをしました。活動頻度も各メンバーの自由だったので、毎日部室にいる人もいれば、イベント時のみ顔を出す人もいました。

私は自分自身のセクシャリティがよく分からず、半ば興味本位でこのサークルに入りました。サークルを通じて仲の良い友人もできましたが、「やっぱり自分はセクシャルマイノリティではない」という結論が出たので、2年生になるときに辞めました。辞める理由を正直に話した時、みんな快く送り出してくれました。サークルに対しては感謝の気持ちでいっぱいです。

世の中にはこういう面白くて興味があるサークルだけではありません、某有名私立大学ヤリサーの実態も明るみに出た事がありました。とにかく女の子を泥酔させて密室に連れ込んで行為に及ぶという流れはもはやレイプとしかいいようがないと思います。

傷ついた女の子はかなりの数がいるそうですが、中には警察には言いたくないという人もいたようなので実際はもっと被害数が多いと想定されます。

Categories: エロ系