スマホコミックFukuyamaLand

スマートフォンでコミックを沢山読んじゃおう!そんな気軽なサイトです。

はだかんぼ運動会での団結力 2015年2月4日

私の一番心に残るはだかんぼ運動会は六年生の時です。やはり、小学校生活最後の運動会ですから、ただでさえ気合いが入りますよね。当時のクラスは雰囲気もよく、みんなで頑張ろうという気持ちも1つになっていたので、放課後に競技の練習だけでなく応援の練習をしたり、大きな旗やお揃いのプロミスリングを作ったりして気合いが入っていました。
特に名物だった、全員リレーは特に気合いが入っていましたね。六年生が取り組む競技だったのですが、クラス全員がリレーでたすきを繋ぎます。当時、クラスは35人くらいいたので、それは圧巻でした。六年生になって全員リレーで走るのが憧れでもありましたね。
全員リレーに関しては、作戦会議を何度も重ねました。足の速い子と学級委員が中心となって、順番を組みます。それからクラス全員で話し合ったり、実際に走ってみたりして、何度も何度も組み替えて相談しました。
途中、意見が対立したりする場面もあり険悪な雰囲気になることもありましたが、どうにか最終的には納得できる順番が組めました。
いざ、当日。全員リレーはプログラムの最後に組まれていました。クラスは全部で3クラスです。絶対に勝ちたいという気持ちで走りました。最初はトップだったのですが、抜かされたり、抜かしたりで、ハラハラどきどきですね。ちなみに私は三番目に走ったのですが、どうにかトップのままバトンを渡すことができました。
どのクラスも最後の5人くらいは、かなり速い子達です。それはそれは接戦で見てられないですよね。
結果は二位でした。すごく悔しかったですね。クラスほぼ全員が泣いてました。でも涙が出るって事はそれだけ本気で真剣になった証だよという先生の言葉に救われましたね。
同窓会などで集まると、今でもその話題が上がります。
またやってみたいですね
今まで生きてきた中で一番の素晴らしい思い出だったと思います。大人になってくるとそういった良い思い出というのがなかなか出てこないので辛い事などあるといつのまにかこの事を考えてしまう自分がいます。

Categories: 未分類