スマホコミックFukuyamaLand

スマートフォンでコミックを沢山読んじゃおう!そんな気軽なサイトです。

少年週刊漫画雑誌の最大手「週刊少年ジャンプ」 2015年3月23日

集英社発行の漫画雑誌「週間少年ジャンプ」。マンガを読む人で少年ジャンプを一度も読んだことがない、という人はほとんどいないのではないでしょうか。今日本で一番売れている週間雑誌であり、1995年に記録した653万部という数字は漫画雑誌において現在も塗り替えられていない大記録です。

ジャンプは「努力・友情・勝利」がコンセプトとなっており、少年達のヒーローとなった、強くてどんな困難にも負けない多くの魅力的なキャラクターを生み出してきました。その中でもジャンプ史上もっとも人気のあるキャラクターと言えばご存知「ドラゴンボール」の孫悟空でしょう。連載は1995年に終了していますが、今でもアニメの放映が続き、新作の映画やゲームが発表され続けています。

近年の連載漫画を見ると国民的人気を誇る「ワンピース」、惜しまれつつも連載終了した「ナルト」、異色グルメマンガ「トリコ」、死神の戦いを描いた「ブリーチ」など、バトル系マンガと呼ばれるものが人気の主流となっている一方、「ニセコイ」や「ハイキュー!」などの恋愛モノやスポーツモノの漫画も人気を人気を博しております。

また、料理をメインテーマにした「食戟のソーマ」や、学校を舞台にした法廷バトル漫画「学糾法廷」など一風変わったテーマの漫画も取り入れるようになってきており、新たな読者層にも広がりをみせています。

半世紀近くにわたり多くの少年達に夢を与えてきた少年ジャンプは、新時代を担う少年たちにも夢を与え続けるでしょう。

そんな中で特に最近、電子コミックというのにハマってしまいスマートフォンで漫画を読んでいます。しかも、こっそり見れる事を良い事にちょっぴりエッチなのを電車の中で読んで勃起するのを我慢しています(笑)かなりエッチな内容でもう興奮ものですよ。今どきの作品というのは本当にキレイに描けているのが多いので無名の方でも全く問題ないです。読み手側からしてみれば、安い価格で読めるのは助かります。単行本などを出している有名な作家だとやはり作品の単価が高くなってしまいますからね。

参考:カケメロ~ブッカケた女の子が誰でもメロメロになる俺のセイシ~

 

コメントは受け付けていません。
Categories: エロ系

珍しいサークルに入っていました 2015年2月23日

私が大学生1年生の時に入っていたサークルは、LGBTサークルでした。サークルに入る条件は、「セクシャルマイノリティであること」。ゲイの人もレズビアンの人も、性同一性障害の人もいました。(一番多かったのはゲイの人です。)インカレサークルで、メンバーの所属大学は東大、早稲田、MARCH、日東駒専など、幅広かったです。

「LGBTの学生の居場所を作る」ということ自体がサークルの目的だったので、具体的な活動について制約はありませんでした。誰かが「やりたい」と言えば、実現できる環境が整っていたのです。実際、運動会を開いたり、映画を作ったり、LGBTについて知ってもらう冊子を作って配ったり、色々なことをしました。活動頻度も各メンバーの自由だったので、毎日部室にいる人もいれば、イベント時のみ顔を出す人もいました。

私は自分自身のセクシャリティがよく分からず、半ば興味本位でこのサークルに入りました。サークルを通じて仲の良い友人もできましたが、「やっぱり自分はセクシャルマイノリティではない」という結論が出たので、2年生になるときに辞めました。辞める理由を正直に話した時、みんな快く送り出してくれました。サークルに対しては感謝の気持ちでいっぱいです。

世の中にはこういう面白くて興味があるサークルだけではありません、某有名私立大学ヤリサーの実態も明るみに出た事がありました。とにかく女の子を泥酔させて密室に連れ込んで行為に及ぶという流れはもはやレイプとしかいいようがないと思います。

傷ついた女の子はかなりの数がいるそうですが、中には警察には言いたくないという人もいたようなので実際はもっと被害数が多いと想定されます。

コメントは受け付けていません。
Categories: エロ系

さるぼぼと旅行 2015年2月6日

久しぶりに俺得修学旅行というマンガを読んでから自分が参加した修学旅行について懐かしくなって思い返してしまいました。頭の中で思い出すのは簡単なので、今回は第三者からでも十分に理解できるように試しに文章として書いてみようと思いました。
久しぶりにライターとして書いてみますので誤字脱字などあるかもしれませんがそこらへんはお許しください。

飛騨・高山・木曽路(岐阜県・長野県)に修学旅行に行きました。
2度目の旅行先だったのでなつかしくもありました。
古い町並みを散策しました。江戸時代の古い民宿などの町並みは素敵でした。たくさん写真を撮りました。

独特の民宿に泊まりました。
民宿側と班のトラブルで友人と2人ずつにわかれて泊まらなければならなくなりました。
1班4人でした。(1班5人の班もありました。)
他にもわかれてとまっていた班があったので、もうひとつ別の民宿を契約してくれていればよかったのにと思いました。
何かあるたびに、3~4件先の民宿に泊まっている友人をよびいきました。食事のたびにどちらで食事するのか聞きなおさなければなりませんでした。
少し不便でした。
少し寒かったのをおぼえています。

お土産に「赤かぶ漬け」を購入する約束だったので探しました。5件くらいまわっていいものを購入しました。
独特の赤いかぶ漬けと薄い赤のかぶ漬けとを購入しました。

民芸品の「さるぼぼ」を購入しました。赤い顔で独特のかすりを着ていました。
プラスチックのものもありましたが、大体が布製品でした。小さいものから大きいものまでたくさん種類がありました。
私の買った「さるぼぼ」は友人たちに好評でした。
旅行かばんにつけてまわりました。
友人の一人が気に入りあげました。また、購入しに行きました。
また、別の友人の一人が気に入りあげました。また、購入しに行きました。
結局、再度購入しに行きました。
何度もいったので店の人にも覚えられました。
お土産としても「さるぼぼ」は好評でした。

どうだったでしょうか?割りと普通にうまく書けたんじゃないかと思います。

コメントは受け付けていません。
Categories: 未分類

はだかんぼ運動会での団結力 2015年2月4日

私の一番心に残るはだかんぼ運動会は六年生の時です。やはり、小学校生活最後の運動会ですから、ただでさえ気合いが入りますよね。当時のクラスは雰囲気もよく、みんなで頑張ろうという気持ちも1つになっていたので、放課後に競技の練習だけでなく応援の練習をしたり、大きな旗やお揃いのプロミスリングを作ったりして気合いが入っていました。
特に名物だった、全員リレーは特に気合いが入っていましたね。六年生が取り組む競技だったのですが、クラス全員がリレーでたすきを繋ぎます。当時、クラスは35人くらいいたので、それは圧巻でした。六年生になって全員リレーで走るのが憧れでもありましたね。
全員リレーに関しては、作戦会議を何度も重ねました。足の速い子と学級委員が中心となって、順番を組みます。それからクラス全員で話し合ったり、実際に走ってみたりして、何度も何度も組み替えて相談しました。
途中、意見が対立したりする場面もあり険悪な雰囲気になることもありましたが、どうにか最終的には納得できる順番が組めました。
いざ、当日。全員リレーはプログラムの最後に組まれていました。クラスは全部で3クラスです。絶対に勝ちたいという気持ちで走りました。最初はトップだったのですが、抜かされたり、抜かしたりで、ハラハラどきどきですね。ちなみに私は三番目に走ったのですが、どうにかトップのままバトンを渡すことができました。
どのクラスも最後の5人くらいは、かなり速い子達です。それはそれは接戦で見てられないですよね。
結果は二位でした。すごく悔しかったですね。クラスほぼ全員が泣いてました。でも涙が出るって事はそれだけ本気で真剣になった証だよという先生の言葉に救われましたね。
同窓会などで集まると、今でもその話題が上がります。
またやってみたいですね
今まで生きてきた中で一番の素晴らしい思い出だったと思います。大人になってくるとそういった良い思い出というのがなかなか出てこないので辛い事などあるといつのまにかこの事を考えてしまう自分がいます。

コメントは受け付けていません。
Categories: 未分類

セクハラ自動車 2015年1月19日

私は昭和39年M大学に入学しました。その年は東京オリンピックの年でしたが、まだまだ中学卒業で社会に出ていく友達が多く大学に入学できた私は幸せでした。
親に感謝です。当時私はあまり大学という名前にこだわることはなく、家もそれほど豊かというわけでもなかったので浪人してまでも有名大学へ入るという気持ちはありませんでした。
しかし私の育った田舎では東京六大学が特別視され私もそれに触発され、六大学の一つであるM大学に入学しました。
また、住まいは当時は寮に入れると生活費が安くなるということで私も運よく寮に入ることが出来ました。これには親が喜びました。

入学式には亡き父と一緒に出席しました。お昼には父親と大学の近くの食堂で餃子を食べたのを覚えています。
父親は最初の授業の日学校に来て国語の授業を窓の外から見ていました。私はびっくりしましたが父親の気持ちが今ではよくわかります。
初めから友達もでき楽しい大学生活でした。

2年生後半からはゼミも始まりゼミの仲間と行動することが多くなりました。
ゼミは当時人気のあった経営学のゼミでこのゼミで多くの友人ができ今まで交友が続いています。
私の一生で一番幸せな時期を過ごさせていただいた父親や母親に感謝の気持ちで一杯です。
今では大学は入学が当たり前の時代になりましたが、当時は東京まで6時間の汽車の旅でそう気楽に帰って来れる距離ではありませんでした。
汽車賃も負担でした。

だから東京は遠かったのです。寮祭では全員で県歌「信濃の国」を歌い泣きました。
思い出多い学校生活です。

もちろん大学生は夏休みなど非常に長い休みが取れるのでその際に自動車学校にで免許取得もしました。やはり免許証を持っていれば身分証明書にもなるし、社会人になってから自動車免許を取得は時間が全く取れないので不可能です。こういう時間がある時に取得するのが一番です。そう思って入学を決めたのはかなりの格安。どうしてかは後でわかりました。そう、ここはセクハラで有名な自動車学校だったのです。最近、コミックで読んだセクハラ自動車という作品と同じような感じでした。自動車の中では2人きりなので、自動車の技術の話は一向にせずにひたすら「彼氏がいるの?」とか「初体験はもう済ましているの?」とか「その胸は何カップ?」と周りに人がいたら絶対に言わない内容を恥ずかしくもなくオンパレードで質問責め。苦笑しながら曖昧な返事をしているといきなり太ももらへんを手のひらで触ってきたり、いきなりオッパイに手を当てて揉んできたりとやりたい放題!訴えたい気持ちがすごかったのですが、怒ってもこの教習分が不合格になってしまうのも嫌だったのでその教官には逆らわずに我慢しながら教習を受けていました。

コメントは受け付けていません。
Categories: エロ系

スキーばかりの俺得修学旅行 2014年12月15日

高校時代の俺得修学旅行は北海道にスキー研修ということで3泊4日で飛行機に乗って行きました。
行きの飛行機の中で乗り物酔いしてしまいましたが何とか到着してさらにそこからバスで移動となって地獄のようでした。
しばらく何もない大地をひたすら走って行くと目的のホテルに到着して早速着替えてスキー体験が始まりました。
それまでまともにスキーをやったことがなかったので当然インストラクターさんに教わりながら徐々に滑っていったのですが、
これが全く上達できる気配がありませんでした。
かといえばインストラクターさんも楽しんでいて半ば放置される時間が増えていき、イライラしているところで
コースを滑っていたところ危うく崖から落ちそうになりました。
何とか助かりましたが聞こえるくらいに愚痴をこぼしていたと思います。
正直全体を通してあまりスキーが楽しめませんでした。
ただ、最終日に札幌市内に移動してからはお楽しみモードでした。
実は自由行動のときにアニメイトにいくことを予定していて、そこでの買い物が唯一のオアシスでした。
かなり敷地が広くて当時流行っていたアニメのグッズもたくさん買えましたし、
近くの味噌ラーメンやさんで味噌ラーメンを食べたのは良い思い出になりました。
さて、この記事に参考となるコミックがあります。それは作者奥森ボウイの俺得修学旅行です。内容はスキーではないのですが、あくまで修学旅行がテーマになっています。これがかなりのエロさ満点の作品になっていて大興奮ですよ。

コメントは受け付けていません。
Categories: 未分類

正直に良いなと思った作品 2014年10月20日

いま注目しているのはテーマでいうと「親族」。
もちろん家族としての絆というのはあるんですが、今回はちょっと違っていて姉弟愛というのを話をしていきたいと思います。その作品名は姉のカラダに興味津々な弟くんです。

ある所にお姉ちゃんと弟がいます。年は大体5歳~6歳くらい離れています。
小さい頃は本当に弟が人懐っこくてぴったりくっついてきました。
それに可愛さを覚えてお姉ちゃん自身も大切に弟を育てていきました。

そして10年以上過ぎて、お姉ちゃんが高校生になり、弟が中学生になりました。大分、会話も昔に比べたら少なくなってはきてはいるものの反抗期などもなく普通に会話が出来ています。ある事を除いては。実は弟はお姉ちゃんの事が異性として好きになってしまったようで夜な夜な部屋に忍び込んではお姉ちゃんのパンツなどを盗んで匂いを嗅いでいたりしているようです。ある夜、深夜寝静まった頃にドアの扉がガチャと開いて誰かと思ったら弟くんでした。最初は寝たフリをしていたのですが、ベッドにあがってきました!わっ。どうするんだろう。そうすると布団を剥いで実際にお姉ちゃん自身に触れるという大胆な行動に出たのです。あまりのビックリで寝たフリをそのまま続行してしまい。起きるタイミングを見失ってしまいます。普通気付いてしまうと思うはずなのにバカなのか弟はお姉ちゃんのパジャマのズボンを脱がしていきなりぴちゃぴちゃと舐め始めていくのです。ここでたいていはくすぐったくて起きるのですが寝たフリを続行をします。

しばらくして落ち着いたのか、自分の部屋に戻っていっていきます。これが一つのきっかけになり、連日のようにそして当たり前のように部屋に深夜入ってくるようになりました。行動も次第にエスカレート。上の服まで脱がされてオッパイを揉まれ、乳首まで吸う始末。一体どうなっていくんだろう。

コメントは受け付けていません。
Categories: 未分類

妹が大好きな人向けのスマホコミック 2014年9月18日

自分には妹がいないのですが、妹がいる家庭ってどうですか?もしくは姉がいる場合も含めてです。女っ気が家庭内に母親以外しかいないのですが、これが姉か妹がいるだけで随分賑やかになりそうで羨ましいです。よく一人っ子や男兄弟しかいない家庭では、絶対に思う事があります。

それは、妹もしくは姉の裸みて興奮しないの?パンツとか見てムラムラしないの?

これ絶対に女兄弟がいる家庭に生まれた人は絶対に言われるフレーズです(笑)自分も何度か言った事がありますが真っ向から否定されました。確かに小さい時から素やら悪い部分など沢山見てきているので恋愛感情なんてこれっぽっちも感じないのは当たり前だと思います。

しかし、ある場合を除いて…

それは親が離婚して再婚した場合です。どちらかに自分とは違う性の子供がいたら兄妹になるわけです。今までは赤の他人だったのにいきなり親の再婚によって兄妹になるわけです。さすがに、最初は家族としてではなく異性として意識してしまうのは間違いありません。リビングをパンツ一丁で歩く事もきっと不可能だと思います。よって親の再婚の機に出来た兄妹の場合は例外といえると思います。

さて、大分話が長くなってしまいましたが、今スマホで読んでいるコミックで妹に性教育をしてみた結果という作品を読んでいるのですが。これがまた興奮するのなんのって(笑)さすがにマンガだなと思いますが、妹がこれまたエロいカラダをして可愛いんです。女子高生の設定みたいなのですが、ミニスカートでそして義理の兄となった主人公に甘えてきたりして、理性が何度か崩壊しそうになるのです。そしてその世界の日本では少子化が深刻化しており、親族だとしても子作りを推奨するというわけのわからない制度が設けられるようになりました。もちろん現実的にはダウン症など障害を持った子が生まれる確率が高くなるので認められていませんが、この場合は元々は赤の他人なので例え結婚して子供を産んだとしても問題ないはずです。

コメントは受け付けていません。
Categories: 未分類

コミックとスマホとの関係性 2014年6月11日

最近、電車に乗っていると多くの人がスマートフォンを使用しているのがわかります。ついこの前まではガラケーと言われている通常タイプの携帯電話を使用していた人が多かったのにここ数年で一気に需要がスマホへと流れました。

その理由としては、スマホでの多機能性能が当てはまります。

その多機能を性能というのは電話とメールはもちろん、アプリと呼ばれるプログラムで数多くのサービスが利用できるようになります。例えば、スマホでコミックを読みたいと思えばスマホがあれば読めるようになります。天気予報も同じです。そして銀行の預金残高の確認も手軽にスマホでは可能になりました。これだけの高性能であればみんな移ってしまう経緯に十分になり得ます。

また1台あたりの価格は5~8万円台と非常に高額になりますが、支払いは携帯電話使用料と一緒に分割で支払う事になるのであまりスマホの機種代を支払っている感覚が失われています。

簡単に言うとスマホというのは小型のパソコンみたいな物と言えば高齢者の人達にも納得しやすいと思います。もちろんパソコンと比較してみるとスマホでは限界ではありますが、手軽に持ち運びができるメリットが大きすぎるのでデカイ画面での作業が必要であれば自宅で作業をするようにしたりするという切り分けをすれば十分かなと思っています。

そして意外と画質がキレイなのでコミックの画もそのまま反映されているようで楽しめます。嬉しい事に通常のコミックも読めますが、個人の人達が書いた同人誌などにも対応されています。

スマホの限界というのは本当に見えませんね。これからどんどん利便性があがってくると思うので楽しみで仕方ありません。

これからめちゃコミックやまんが王国さんいは本当に頑張ってほしいと思っています。

コメントは受け付けていません。
Categories: 未分類